出会いの半数が職場内にて

レディ

経験者を参考にする

既婚者の配偶者との出会いを詳しく調べていくと、社内恋愛というのが半数を占めます。この結果は実際にアンケートした結果をもとに出されているデータで、どの世代も社内恋愛から結婚した人が2人に1人はいることになります。既婚者の半数近くが社内恋愛がきっかけとなっていることから、会社での出会いは珍しくありません。出会いが少ないと言われるご時世では、実は社内恋愛が身近な出会いとなっているのです。自分の勤め先にいる既婚者が、社内恋愛で結婚したというケースはよくあります。そういう人たちからなれそめを聞いてみると、社内恋愛を発展させる参考にもなります。大きな会社ほど従業員の多さから、社内恋愛を経験した既婚者はそれなりにいると思われます。参考にできそうな既婚者は意外と少なくはないので、社内恋愛に対する理解度も高いと予想できます。社内恋愛は出会いの機会が多いメリットの他にも、仕事が楽しくなったり、いつでも会える特徴もあります。恋愛対象の人が職場にいればモチベーションも上がりますし、会える機会が多いほど関係性も続きやすいです。また、同じような仕事を一緒にしていれば、仕事に関する共通の話題ができます。仕事面においても共感ができたり、ミスをすればそれをフォローする関係性にもなれるのでいいところがたくさんあるのです。ただし、社内恋愛は周りに配慮しなければ反感を買ってしまう場合もあるので注意が必要です。そういう経験をしてきた既婚者を見習えばどういう配慮の仕方が必要なのかが分かることも多いので、慎重さも求められます。

Copyright© 2017 社内恋愛をする前に相手が既婚者が確認しよう|リスクの高い恋を回避 All Rights Reserved.